心が歪んでるオタクのアニメやゲームの感想がメインのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アクエリオンにしては珍しくシリアスで重い話

人間というのはほんと自分以外の生物には残酷なことをするんですね

創聖のアクエリオン (1)
4829117494橘 圭 河森 正治

富士見書房 2005-08-20
売り上げランキング : 21,439


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ほんと最後の方は酷いことになってましたね

堕天翅を捕まえるまではまだよかったのだけどそのあとの展開が酷いですよ、まさか死んでしまうとは

捕獲した後アポロたちとなにか会話したりするイベントが発生するのかと思っていた俺はビビってしまいました

捕獲するまでに葛藤したアポロやシルヴィアの想いがまったく持って無駄になってしまった結末


フタバの最後も機械に囲まれて実験で死んでしまうという無機質きわまりない最後

人間は自分が手を下さなければどんな酷いことでも出来る生物ですから、こういったことをしてもなんとも思わないんでしょう

だけど、堕天翅さんたちはフタバが死んだことにきづいて悲しみ+怒りが頂点に

今週の最後にトーマが怒り心頭だったのでそろそろアポロたちとの最終決戦がスタートか? 

まああと6話くらいなので時期的には丁度よいんですが・・・



お願いします、押してください(つДT)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
PING:
BLOG NAME
突然真面目になりましたねぇ。
「敵といえども子供をころすのはどうなの?」ってお話。
戦争映画とかならともかくこの作品の世界なら「敵だけど子供」ってのは通用しないんじゃないの?アクエリオンのパイロットも子供だし。こんなコト思う僕は冷たいんでしょうかねぇ・...
2005/08/16(火) 23:49 | URL | #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。