心が歪んでるオタクのアニメやゲームの感想がメインのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまりにも平和すぎて記事なるネタが無かったので久しぶりに文庫の感想ポイことを書いてみる

ほんと、感想ってどう書けばいいのか判りません・・・

蒼穹のファフナー
冲方 丁

メディアワークス 2005-01
売り上げランキング : 1,566

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


単純にテレビ版のノベライズという訳ではなく冲方 丁が好きなよう執筆し、蒼穹のファフナー(アニメ)とは違う展開を見せている文庫版ファフナー。

アニメではよくわからなかった用語の解説や1話で死んだ娘がどんな設定だったのかが判ります、名前すら本を読むまで知りませんでした

内容は最初に言ったとおりアニメとは違う話 アニメではあまり焦点があたらなかった翔子や甲洋がメインキャラとして話の中心にいます。 だけど翔子は小説版でも・・・

その代わり剣司達にいたっては名前すら登場しません、よくて道場の娘レベルです

アニメとは違う話なので新しい気持ちで読むことができ、これをこのままアニメ化してもらいたいくらいです

やはり、ファフナーを後半から立て直した冲方 丁の実力は本物ですね

冲方版ファフナー、アニメではまった人もぜひ読んでみてください。


人気Blogランキング参加中 応援してください。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。