心が歪んでるオタクのアニメやゲームの感想がメインのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランペイジ(1)ランペイジ(2)ランペイジ(3)


三国志を舞台にしたファンタジー 劉備が女性だったり仙人同士の争いがあったりしますがいちおう三国志をベースにしています。

この本、恐らく長期の連載によって成り立つはずだった物語なんです

1巻は展開がゆっくりなのですが2巻の中盤以降凄い勢いでまいています それはなぜか・・・

連載している雑誌がなくなったから!!


連載の途中にばら撒いた伏線が回収できず伏線を残しまくっての最終回 謎だけが残されてしまうのが哀れ

衝撃的な最終回にもなりますよ。

3巻の中盤で伏線の一つとして登場した呂布 

彼もまた連載が途中で終わらなければ主人公の張飛と激しい戦闘を繰り広げるはずだったのに最終回に2ページほど登場して終了 

だけどこの本の目玉は張飛の戦闘シーンでも仙人の術でもありません

実は女性という設定の劉備タンなのです

劉備タン可愛いよ 劉備タン(*´д`*)ハァハァ

ストーリー? 設定? そんなものは関係ありません 劉備タンさえいてくれれば

萌え萌えな劉備タンをみるためだけに単行本を買うというのもありです。 むしろ大半の人がそういう理由です(ぇ

3巻のあとがきでかいてあった色々な権利問題を乗り越えて他の雑誌での連載再開を待っています

←俺も劉備タン萌え萌えだぜという方はポチッとしてください
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。