心が歪んでるオタクのアニメやゲームの感想がメインのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後半は海が舞台になるから水着とかオイル塗りで肌色が増えるのは仕方ないよね。
挿絵では触手もあるからな、エロスにもほどがあるわ。

百花繚乱 巻之弐 (HJ文庫)
百花繚乱 巻之弐 (HJ文庫)Niθ

ホビージャパン 2009-07-01
売り上げランキング : 36882

おすすめ平均 star
starエッチ過ぎるだろw

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

謎の美少女、十兵衛が降ってきたのを端緒に、まさに「なりゆき」で反生徒会勢力《豊臣派》の巣窟となった柳生道場。突然男女比1:3の環境になり四苦八苦する宗朗のもとに、こんどは千姫までおしかけてきた!? 
さらに、その様子を義憤をもって眺める《愛》の双髪美少女武士が一人――豪華絢爛美少女剣戟第二幕、こたびは風呂で水着で大暴れ!!


愛の髪飾りつければいいってもんじゃないと思うのだが……
ちなみに愛・戦士は田舎娘のキャラ、たまに口調がなまる。

柳生道場にどんどん美少女が増えていってハーレム状態、契約とはいえ全員とキスしてるなんて羨ましすぎるわ。
徳川方のサムライのダルタニアンも宗朗にちょっと興味があるみたいな描写されているし敵味方関係なく惚れさす主人公パワー恐るべし、しかも本人は鈍感だから惚れた云々に気が付いていない。
典型的な主人公といった感じだね。

次の巻では徳川が直接出てくるみたいだし真面目な雰囲気にでもなるのだろうか。
それとも逆に突っ走ってエロスだらけの展開になるのだろうか、俺としては正直エロければどっちでもいい。


百花繚乱1の感想

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
もしよければ1クリックお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。