心が歪んでるオタクのアニメやゲームの感想がメインのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 死の鉄骨渡り終了、原作読んでいて結末だけはなんとなく覚えていましたがこの結末は酷いですね。

途中で電流を切っていたからカイジへの賞金は無しと言う利根川のとんでもない発言にぶちきれるカイジ、電流切ったんならその場で教えてやれよって思ったのは俺だけじゃないはず。


キレてるカイジの前に今回までのゲームの主催者の兵頭登場
この爺さんは金持ってるから言っていることがいちいち正論ぽく聞こえるぜ、勝組の言うことってちょっと間違っていても正しく聞こえるんですよね・・・



次のゲームのEカードの解説の途中で今回終了
予告で出てたヘッドフォンぽい奴の解説は次週に持ち越しみたいですね、アレ結構えげつない機械だった覚えがある。


どうでもいいがEカードときくと超能力開発につかわれるESPカードを思い出す、そしてファミコンで発売されたマインドシーカーを思い出す。

俺あのゲーム最初の研究所を出るところでやめたんだよな、クソゲーすぎて。


マインドシーカー
B000068H3D
ナムコ 1989-04-18
売り上げランキング : 8606

おすすめ平均star
star必要な物は時間と行動力
starこのゲームをクリアすると超能力者になれます
star超能力育成ゲーム

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。