心が歪んでるオタクのアニメやゲームの感想がメインのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 原作未読です、感想を書くつもりは無かったのですが1話見たら結構面白くて感想を書いてみようと思いました。

いきなりど根性ガエ○の主人公のような少年にドラえも○とコロす○をあわせたようなキャラが登場してそのあまりの「昭和」な絵柄に驚きました。

この昭和を30分やるのかと思っていましたがどうやら世界観を説明する為だけの映像だったみたいでちゃんと現代的なアニメの作画になっていました。

まぁこのアニメに関しては作画とかそういう次元の話は必要なさそうですが、これで作画崩壊なんて言葉がこのアニメに使われるようになったらいったいどんだけ酷い作画なんだよって話になります。


「かつて誰もが憧れた『居候キャラクター』 そんな居候キャラが世間にあふれかえる時代の物語」
公式に書かれている言葉ですがまさにこの作品はこの文章そのままでした。

主人公の居候キャラのらみみ君はキャラが薄いから居候先が決まらないと嘆いているがどう考えても濃い薄いの問題ではないと思います。

いっちゃわるいがもっと根本的… ビジュアル的な・・・

現在は居候紹介所で仮居候中みたいですが多分永住するんだろうね。


15分で1つの話をするアニメのようなので2つの話を1話からやっていました
両方ともそれぞれ違う意味で面白かったです。

Aパートの「居候の世界」は1話の最初の話ということで若干の居候キャラ世界の解説もあって居候キャラ的には「眼鏡でドジな男の子」が高ポイントらしいです。

完全に不二子キャラじゃねぇかよwww


居候先を探しに来たクマエモンさんは16年間も1つの家に居候をしていたキャラ
居候先の子供が7歳→23歳になるまで居候です。

大人になった子供はクマえもんに頼りまくり、ここら辺のなきつき方はのび○君のようです。
そんな子供な大人=ヒロ君をついに突き放す決意をしたクマエモンはえらいと思います

ついでに言うとヒロ君の好きな女性のタイプを大声で暴露する辺りはかなり笑えるシーンでした。

結局居候先紹介ではなく恋人紹介にヒロ君が登録して終了
ヒロ君がキャラ離れしてクマエモンが次のお宅に居候できるのは何時のことなのか…


Bパートは今年始まって以来の衝撃でした
小鳥のちーちゃんの歌声がなんともかわいらしい、あれはかなり萌える。

もうね、Bパートはちーちゃん萌えの話でした。


この漫画を連載している雑誌は何処かと思ったらIKKIでした、なんか納得
鉄子の旅やぼくらのもIKKI作品でしたね。


今のところのらみみの感想を書いているところが少ないのはやはり絵柄とかで地味に感じてノータッチだったからでしょうか。

これは実際に見てみないと面白さがわからないアニメだと思うので是非1話をどうにかして見ることをオススメします。


のらみみ 5 (5) (IKKI COMICS)のらみみ 5 (5) (IKKI COMICS)
原 一雄


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。