心が歪んでるオタクのアニメやゲームの感想がメインのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 バランス理論の次はカードの買占め、高確率で勝てる方法を考えていくカイジ
でも彼の考える事は他の人も考えられること、今回はそれでタイトルどおり破綻寸前まで追い込まれてしまいました。

グーの買占めを行っていたカイジたちと同じようにパーを買い占めていたチームが登場
パーチームのリーダーの声は矢尾さんですね。 やってやるぜの方


せっかくトイレの中でこの勝負に勝った後の事を考えたのにパーの買占めの所為で借金地獄への道が開けてしまいました。
あれはあるいみ死亡フラグだったのかもしれない・・・


次回はデスマッチのようですがカイジってグー以外のカードを本の少ししか持ってないんですよね
負ける確率の高い勝負を彼がする理由が次回わかるのかもしれない。



賭博黙示録カイジ 1 弱肉強食編 アンコール刊行 (1) (プラチナコミックス)
賭博黙示録カイジ 1 弱肉強食編 アンコール刊行 (1) (プラチナコミックス)福本 伸行

講談社 2007-10
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
PING:
BLOG NAME
品質評価 2 / 萌え評価 2 / 燃え評価 14 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 11 / お色気評価 8 / 総合評価 7レビュー数 34 件
 土壇場で首がつながったかいじら3人が手にしていたのは星5つと1400万円の現金だった。だが、その金で星を4つ買うことは不可能。ルールを考え抜いたカイジは、金でカードを買い集めることを計画した。そして、1種類のカードを重点的に集めれば、勝つ確率が飛躍的に上がると計算。自分らの持ち札を他の参加者たちに知られないようにするた...
2007/10/26(金) 13:30 | URL | #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。