心が歪んでるオタクのアニメやゲームの感想がメインのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ついに最終回、最後のパイロットはウシロ。
ウシロは関を乗せずに自分ひとりで戦ってジアースをバラバラにすることで次の星への引継ぎを行わない方法を考案

でもこれは単にウシロたちの星の引継ぎがなくなるだけで他の世界では戦闘が行われ続ける訳で。
それにジアースがなくなった分は1体補充されるはずです、結局この行動は根本的な解決にはなってないよね


そういえば勝ってもいずれ生命エネルギーを吸い取られて星がなくなるという話もありましたがあれはどうなったんでしょうか?

支配者達の問題もいつの間にか語られなくなっていました、投げっぱなしとはこのことだな。


ウシロの戦いは最後ということもあって今まで戦ってきた子供達の事を思いだしながらとなりました
定番の手法ですがこういうのが一話から見てきた人間にとって効果的なんですよね、ちょっと懐かしくなりました。

戦闘の途中でなぜか休憩が入りました、ウシロは同じように休憩するのではなくあのまま一気に攻めてしまえばもしかしたら勝てたかもしれない。

でもウシロは一人だからあの休憩がなかったら二日にわたる泥試合を不眠不休で行わないといけなかった
相手は二人残っているからパイロットが寝ている間も残った一人が番をすれば良いわけですよね。

あの場面ではどっちを選んでも相手の作戦勝ちになるのかな?


ロボット物は最後かならず主人公の機体が勝ちますがこのぼくらのはもしかしたら最終回でジアースが負けて地球滅亡EDになるかもしれないと思っていた。

敵に押されている時にウシロが死んだら母さんに~とか言い始めたとき本当に負けるかもしれないと思ってしまいましたよ。


ウシロの戦いが終わった後は生き残ったカナの話
ダイチの兄弟達が出てきたのは驚きましたね、なんか弟ちょっとおかしくなってるし



途中まではパイロットの順番に差異はあれど原作をなぞる形でしたが途中から完全なオリジナル展開
このオリジナル展開が駄目にしたよね、大人中心の話とか別にいらないよ。

まだ原作は連載が続いているのでその完結を待ってからちゃんと原作をなぞったアニメにすればもうちょっと評価される作品になったかもしれない、もったいないアニメでした。



毎週TBを送ってくださったブログの管理人の皆様
こんな支離滅裂な文章をいままで読んでくれた読者の皆様

来週からの秋新番の感想で又逢いましょう。

*コメントや意見は記事へのコメントかweb拍手で受け付けていますのでお気軽に



*小説のぼくらのの感想も書いてるのでそちらもよければどうぞ
ぼくらの~alternative~ ① 感想
ぼくらの~alternative~ ② 感想


■応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 アニメブログへ


ぼくらの ~alternative~ 3 (ガガガ文庫) (ガガガ文庫 お 1-3)ぼくらの ~alternative~ 3 (ガガガ文庫) (ガガガ文庫 お 1-3)
大樹 連司 鬼頭 莫宏


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
PING:
BLOG NAME
 う~ん。明らかに色々とウヤムヤにされてるんだけど、まあ思ったよりは悪くなかった
2007/09/26(水) 22:52 | URL | #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。