心が歪んでるオタクのアニメやゲームの感想がメインのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カンジが戦い前に保に願った事は母親の殺害
母親が色々と知っていて黙っていたのが相当許せなかったのか衝動的にそう願ってしまったんですね。

殺す気満々だったのに戦闘開始したらその考えを撤回して契約解除の方法を母親が探してくれると信じて母親がいる認知研のビルを守り始めました。

戦闘の途中でカンジが今まで戦った人たちの事を語り始めた時にちょっと感動しました
俺はこういう終盤で死んでいった仲間の事を思い出す展開に弱いです。

何も知らずに戦ってた奴→ワク、コダマ
自分で理由を見つけて戦った奴→ダイチ、チズ、ナカマ、マキ、モジ、コモ、キリエ、アンコ
名前すら出て来なかった奴→カコ君(笑)

皆が出てきたときに感動、カコがいないことに気づいて苦笑したわ。

 カンジは後の事をウシロに託して敵を倒しましたがその敵はコアをつぶしても再起動
ジアースプログラムが起動して敵にエネルギーを送っているみたいです。

ここでコエムシから勝ち抜いた星の末路が暴露、勝ち抜いたらそのまま開放される訳じゃなくて生命エネルギーを吸い取られてしまうのね・・・

これは結局勝っても負けても最後は星が消滅してしまうということでしょうか?

再起動した敵を倒したカンジはどこかへ転送、ジアースの隙間に転送するくらいなら母親の元へ送ってやればいいのにな。

 次のパイロットはまだ不明、コエムシはウシロに生き残る事を条件にカナをパイロットにするようささやいてますが妹に暴力を振るっていたウシロから成長している今のウシロはカナを父親の元へ連れて行くようなのでそこへ置いていって戦闘から遠ざけるつもりでしょうか。

でもカナを遠ざけても人数が足りないという事実は変わりません、その数合わせは誰かがしないといけない。
現状でカナの変わりになりそうな人物はマチですよね、彼女は一度は契約しようとしてましたから可能性が無いわけじゃないですよね。

ただコエムシがそれを許すかどうか・・・


にほんブログ村 アニメブログへ  人気blogランキングへ

↑アニメ感想のブログが集まってます。


ぼくらの Vol.3ぼくらの Vol.3
鈴木勤 野見祐二 皆川純子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
PING:
BLOG NAME
初登場の時は何でこの人?と思ってましたが、結構な存在感を出しつつあるサカキバラのおっちゃんが、すごく格好良く思えましたよ。「ぼくらの」ってヤクザアニメだったっけ?という違和感はもうないかな。
出番が何気に多...
2007/09/05(水) 22:18 | URL | #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。