心が歪んでるオタクのアニメやゲームの感想がメインのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小説版「ぼくらの」シリーズの第2巻
別の地球が舞台なので先の展開は一切予測できなくなっています。
人形の名前もジアースではなくアムシペという名前ですしね

今回操縦者に選ばれるのは
・ワク
・チズ
・チズのお腹の中の子供
・キリエ
の4人

チズはこの世界でも畑飼先生の所為で酷い状況に追い込まれているのでもちろん妊娠してます
ただ他の媒体ではチズが死ぬことで一緒に死亡していましたが小説ではチズが死ぬまでに時間が有ったのか人形を動かして戦います。

今回選ばれたのは4人ですが倒した敵は2体
最初の1体目で複数の操縦者が死んでしまいました、戦うことを拒否して仲間に殺されたり自殺を図ったりした上での死亡なので敗北にはカウントされていないのが唯一の救い

なんというか漫画より展開がハードな感じがします
原作というベースがあるのでそれ以上かそれ以下にしかなりませんがこれは完全に以上の部類でしょう

ただ感動という点でいったら漫画の方が上かな
漫画のダイチとキリエの話では泣いちゃいました

ぼくらの~alternative~①感想


にほんブログ村 本ブログへ
↑1クリックお願いします

4094510206ぼくらの~alternative~2 (ガガガ文庫 お 1-2)
大樹 連司/ 鬼頭 莫宏 鬼頭 莫宏

小学館 2007-07-18
売り上げランキング : 574

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。