心が歪んでるオタクのアニメやゲームの感想がメインのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初、店頭で見つけたときは大和田先生が任侠萌えの作品でも書いたのかと思っていました
だが内容をみたらそんな予想は間違っていたことを思い知らされました。

ていうかそんな優しいものじゃなかったぜ、この作品

帯に書いてあった最終童貞(ファイナルファンタジー)降臨は伊達じゃなかった
というか良く見たら表紙もF○っぽい

任侠+魔法+萌え+童貞=大和田ファンタジーという無限の可能性を感じました
だけど悲しいことにこの作品は打ち切りです。

折角主人公のエイジが最終童貞(ファイナルファンタジー)として覚醒したというのにその2話後には最終回

最終回ではテンプル騎士団総長がもう一人の最終童貞だったり、貞国海軍が最終童貞用に完成させた最終兵器「彼女」が登場したりとなぜか新キャラが登場しまくりでした。

どうやってまとめるのかと思ったらとんでもないまとめ方でこの作品は完結しました
まるでイデオンのような完結の仕方に感動を覚えずには入られません

そしてこの漫画には名言がいくつか存在します、この名言達はまさに名言といわんばかりの名言です。

・T塚先生似の神様がエイジに行った名言

 童貞とはな 未知なるもへの飽くなき探求 憧れ・・・・・・ その心の有り様をいうのだ
 女性器を見知った程度で世界を知ったつもりになるとは笑止千万

 見よ!! 世界はいまだお前の知らぬ驚きと奇跡に満ちておるのだぞ!!

 童貞を失った? フッ 何を言うかエイジよ


 おまえの心のおちんちんはまだ つるつるのピカピカじゃないか


心のおちんちん・・・ ギャグっぽいがなぜか詩的な響きすら感じます。


・最終童貞として降臨したエイジに敵の童貞たちが感動するシーン

 萌えは童貞(ゆめ)を裏切らない 童貞(ゆめ)もまた萌えを裏切ってはならない


おっさん達の魔法少女のコスプレや童貞ギャグマンガに興味があるようでしたらぜひ買って読んでみてください
その売り上げがどうやら第2部の実現に影響を与えるようです。


powerd by Amazon360


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。