心が歪んでるオタクのアニメやゲームの感想がメインのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相変わらず・・・ 萌える

週刊少年チャンピオンで連載中のゾクセイの2巻が出たので早速購入
なんていうか電車の中で読むのが恥ずかしい表紙&裏表紙でした

今回も色んな属性の女の子が出てきて、微エロス満載な内容でした

2巻の中でも特に好きだった話は以下の6本
■第24話歯科助手レイカの場合
■第27話保育士めばえの場合
■第28話ミカのバアイ
■第31話ミチルの場合
■第34話避暑地のお嬢様の場合
■第38話神田さんの場合

-各話の感想-
■第24話歯科助手レイカの場合の場合
オドオド+白衣+密着=エロい
密着して動いた所為で下着が見えたりする所なんてもうたまらないです


■第27話保育士めばえの場合の場合
巨乳+保育士=母性愛に溢れてる
俺もこんな保育士に甘えてみたいです 本気と書いてマジで。


■第28話ミカのバアイの場合
なんで彼女だけ場合ではなくバアイなんだろう・・・ ロックだから?
表紙もエロいがライブしているときの衣装もかなりエロいです。

ギャップキャラなのでメイクしていない時の彼女はエロより可愛いに分類されます。
どっちもたまんねぇ


■第31話ミチルの場合の場合
年下+幼馴染+水着=エロ可愛い
俺もこんな娘に「お兄ちゃん」とか「大好き」って言われてみたいです。


■第34話避暑地のお嬢様の場合の場合
避暑地における清純派+正統な話
お嬢様というと大体性格きつい娘か大人しい娘に二分化されますよね
その中でも避暑地という単語が似合うのは後者の方かと思います。


■第38話神田さんの場合の場合
内気娘ですが、最後のバニー姿に全てを持っていかれます。


なんていうか溜まんない1冊
3巻では今回未収録の双子の話やうどんが食べられない天才少女の話も収録されるはずだからいまから楽しみ

松山せいじ先生には今後も色んな萌え娘を書いてもらいたいです。


-関連-
ゾクセイ 1巻の感想
原作者公式ブログ:アホでマヌケなオタクのそっくりさん(松山せいじ)


何気に松山先生もブログ人なんですよね。 何かの手違いでこの記事みられたどうしよう・・・




ブログランキング・にほんブログ村へ
↑出来れば1クリックお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
PING:
BLOG NAME
チャイルドマインダーとは、100年ほど前にイギリスで生まれた「少人数制保育」のエキスパートを指します。※チャイルドマインダー(Child minder)発祥の地イギリスでは、全体的にチャイルドマインダーの認知度は非常に高く、日本でもにわかにチャイルドマインダーの需要が高まってきているようです。チャイルドマインダーが注目されている理由の一つに、近年のいじめ問題や若年層による暴行事件などの問題が多発しているという背景があるのではないだろうかと考えられます。やはり性格が形成される幼年期に、しっかりと愛情を...
2006/12/11(月) 01:50 | URL | #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。