心が歪んでるオタクのアニメやゲームの感想がメインのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダーク・タワー1 ガンスリンガー
ダーク・タワー1 ガンスリンガースティーブン・キング 風間 賢二

新潮社 2005-11-26
売り上げランキング : 10242

おすすめ平均 star
starカルト・ヒーロー誕生
star19歳のぼく。キングの繊細さと大胆さ。
starぬおお!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なにもかもが奇妙に歪んだ地、この世ならぬ異境で“黒衣の男”を追い続ける孤高の男がいた。最後の“ガンスリンガー”、拳銃使いのローランド。彼はひとりの少年と出会い、ともに旅を続けるが―。“黒衣の男”とは何者なのか?ローランドの過去とは?そして、“暗黒の塔”とは…?幾多の謎を秘めた壮大な探求の旅、ダーク・ファンタジーの金字塔が、いま開幕する。

キング作品を読むのは「ザ・スタンド」に続いて2作目 ザ・スタンドはかなり面白く読み応えのあった作品でした。
*ザスタンドの感想はこちら

この本はキングが学生の頃に書いた作品らしく過去に日本でも出版されている、だけど30年近くたって改訂追記して新たな翻訳で出版したのが今回の本。 以前は角川で翻訳出版されたらしいがそれは未読


物語は黒衣の男を追うガーランドの現在と彼の過去のエピソードを途中で入れ替えつつ展開
中盤で旅の仲間が増えるけれど途中で別人のように言葉遣いが変わっているのが気になる、物語中では時間の経過が激しいので成長したといえば終わる話だけれど・・・

それと次巻以降のネタバレが微妙にあるのも自分としてはあまり好きではない
理由としては読んだときの驚きが半減してしまうから


だけど内容としてはかなりの良作 さすがキング
次の展開が気になるストーリー、謎が多い世界観や登場人物などは読んでいて飽きなかった

1巻は物語の中で言われているが「始まりの終わり」 つまりダーク・タワーという作品のプロローグ
本当の物語は2巻以降から始まるのでまだまだこのシリーズを楽しめそう


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。