心が歪んでるオタクのアニメやゲームの感想がメインのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第10話「The Quadrille」

物語はついに最終局面へと!

今週だけでかなり話が進みましたね、ありすの正体 有人の本当の気持ちetc


アスカさんも今回ついに敗北 大して強くないと思われていたきらはに負けちゃいました(;´Д`)

今週のきらはは前回までと同じ人物とは思えないくらいキャワユかったです。

というか前回は絵が・・・


ありすの正体が有人の作り出した妄想だったなんて・・・

つまりいままでの有人とありすの関係は有人一人の妄想 つまりオ○ニーだったということですね

そのときにばらされた有人の気持ち 本当はきらはが好きだったという気持ち

もう来週きらはENDで最終回をむかえていいんじゃね?


もしそうだったら俺は色んな意味でこのアニメのことを忘れないつもりです

だけどそうはいかないのが放送上の都合 きっとありすと幸せになっちゃうんでしょうね_| ̄|○


話の最後に有人は自分の気持ちがわからなくなって自分の殻に閉じこもってしまいました

次回予告ではきらはが炊きつけていたようなので来週のBパートあたりには復活してそうですね。

にほんブログ村 漫画アニメブログへ  人気blogランキング
↑どちらでもいいので1クリック応援お願いします、今後の記事の励みになります

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
PING:
BLOG NAME
感想
ようやく面白くなった。
ありすは有人が作った物語の人物が具現化したものだと気づきます
有人は妹のきらはが好きだった。
しかしそれはいけないことだと気づく
その代わりに生み出したのがありすだと・・・
ってかこんな感じの話
世にも奇妙な物語で見たことあるぞw
確かそっちは方は具現化した女が能力者を殺して自分も死ぬって話だった。
キリカがカッコよかった。
キャラ絵が少し変わった感じがしたけど
いい方向になってた。...
2006/03/11(土) 20:42 | URL | #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。