心が歪んでるオタクのアニメやゲームの感想がメインのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに最終回
先週死んだと思っていた琴波太夫が生きていたところからスタートです。

五稜郭に突入した耀次郎に襲い掛かる雑魚どもを斬って、飛んで、回転して撃破(何
正直回転の意味が良くわからなかったのですがなぜにあんなに回ったのだ?


雑魚を撃破した耀次郎の前に現れた赫乃丈
月涙刀+覇者の首の魔力で強化されているとはいえ所詮は素人、耀次郎の敵じゃなかった。

鎧を剥かれ、カツラを取られ正気を取り戻した赫乃丈、だけど首の魔力でふたたび耀次郎に刀を向けることに

ここで挿入曲を書けるなんて反則だよ!

操られても意識があるため泣きながら刀を耀次郎に向けていく赫乃丈
耀次郎は避けるわけでもなくぎりぎりまで何もしませんでした。

さすがに刀が首布にささった時には刀を止めましたが下手したら突き刺さって死んでましたね

魔力の洗脳が解けた赫乃丈からもう1本の月涙刀を受け取り耀次郎は首の元へ
首はすでに榎本から蒼鉄に依代を変えていて最終決戦は耀次郎VS蒼鉄の一騎打ちに

やはりラスボスは蒼鉄だったのか、最初からずっと意味ありげな行動を取っていたので妥当といえば妥当ですね

耀次郎と蒼鉄の一騎打ちは尺が短かったのが残念なほど格好よい戦いでした、特に舞台が競り上がってからの互いに傷を負いながらも戦いをやめない辺りがとても良い。

戦いは耀次郎が2本目の月涙刀を蒼鉄に突き刺し勝利、覇者の首もその勢いで封印を達成

覇者の首、封印


舞台は2ヵ月後
耀次郎は龍馬の代わりに世界を見に行くことに、格好はいつもの和服と違い洋服です。

そして最後の最後で明らかになった赫乃丈の真実

遊山赫乃丈は役名だった。

本名は耀次郎が帰ってくる時までお預けになりました、つまり視聴者はずっと本名を知らないまま過ごすんですね。


いろはにほへともついに終わりました 半年間は長いようで短い期間でした
これといって大きく話題になるような作品でもなかったですがちゃんと作ってあって面白い作品だと思います。

半年間お疲れ様でした。



スポンサーサイト
耀次郎と神無との対決がついに決着
神無は耀次郎に刺されながらも赫乃丈の元に辿り着き彼女の姿を見ながら逝きました。

神無が見ていたのは赫乃丈ではなく母親でしょう、だけど彼が満足して死ねたのならそれでいいか・・・

もう一人今回死亡してしまった人がいました
多分誰も予想していなかったであろう琴波の死、最後まで蒼鉄のことを気にかけてました。

目の前で琴波を殺された不知火
琴波の遺言で蒼鉄を許してくれといわれても簡単に許せるのでしょうか?


来週最終回だというのになぞの雅な集団が登場
蒼鉄の関係者らしいですが何者?

来週の最終回で蒼鉄の正体とともに解説してもらえるのでしょうか?
してもらえないと困るのは俺だけか・・・


浮上していく五稜郭に叫びながら乗り込んで行く耀次郎の姿で25話が終了
クールな耀次郎が叫ぶという珍しい行動を見せてくれました、やる気は十分ですね。

次回予告で耀次郎がかなりのネタバレと思われるセリフを言ってくれました
坂本龍馬という人物は最初から最後まで物語にかかわってくるんですね


にほんブログ村 アニメブログへ  人気blogランキングへ

↑アニメ感想のブログが集まってます。



土方さんが死亡、止めを刺したのは神無左京之介
なんという時代の裏でしょう、土方さんは桜の木の下で近藤さんや沖田の元へ逝きました。

土方が殺される現場になぜか居合わせた耀次郎、五稜郭に行かずに何故あの場所にいたのかは謎です。

神無と耀次郎の最後の対決が始まる所で本編終了 なんて焦らしプレイなんですか(;´Д`)ハァハァ


五稜郭がなぜか今回すごいことに、覇者の首の魔力か何かで五稜郭全体が謎の金属に護られる鉄壁の牙城と変貌
謎の大砲も出現して新政府軍を攻撃し始めました。

ここでなぜファンタジーのような展開になるのかが良くわからない、いままでは史実に基づいてその時代の「裏」という感じのストーリー展開だっただけにちょっと残念


次回25話で神無と決着をつけて最終回で赫之丈、蒼鉄、覇者の首と決着をつけるのかな?
尺が足らなくて駆け足な展開になってしまわないか心配です。



にほんブログ村 アニメブログへ  人気blogランキングへ

↑アニメ感想のブログが集まってます。



チーム神無が久しぶりの登場、だけどこれが最後の登場、せめてクイーンだけは生き残って欲しかった・・・

兄を失ったクイーンと国から見話されて全てを失った神無との間にロマンスが、大人の関係って奴ですよね。
一夜明けてベットに腰掛けている神無の横には映像では移っていなかったがきっとクイーンがいたに違いない(ぇ

元の格好に戻った神無とチェスは榎本を殺しに函館へ、その函館は榎本の演説と赫乃丈の舞台に見事に洗脳されている状況でした。

耀次郎は指名手配され市中にはいられなくなり函館の外へ、今回の出番これだけ?
主役なのに最近出番が・・・


先週榎本に疑問を抱いた土方はついに榎本の正体を知りました、そんな場面で乱入してくるチーム神無

ナイトは土方、ビショップは蒼鉄に倒されてしまいました。
ビショップの死に方が一番悲惨ですよね、鎖で吊るされてそのまま天井に・・・ グシャ


神無とクイーンは榎本を相手にしましたがまったく相手にならず。
榎本は神無の心の傷をえぐるというえげつない方法で神無を攻撃、覇者の首の力に恐れたクイーンを射殺するように誘導しました。

クイーン(つДT) 今回ちょっと萌えキャラだったのに、あれは死亡フラグだったんですね。


クイーン=女性=母上を殺してしまった事を後悔している神無の前に夕日をバックに赫乃丈登場
あまりの神々しさに許しを請う神無、だけど赫乃丈にではなく母上様に許しを請うてました。

靴にキスをする人を始めてみました。


神無もこれで榎本軍の一人ですね、首の方には人が集まるのに耀次郎の方には仲間がまったく集まらない・・・
今回最後に土方が耀次郎の元へいきましたが手を組むのか?


次回予告では土方VS榎本の音声、いったいどういう展開になるのか・・・


にほんブログ村 アニメブログへ  人気blogランキングへ

↑アニメ感想のブログが集まってます。


赫乃丈が榎本側についてしまった・・・
あの最後の演劇の格好はなんでしょうか、格好や言動から推理するにジャンヌダルクか何か?


蝦夷に辿り着いた耀次郎は寒さから顔を守るためか首もとの布で鼻までをガード
布装備の耀次郎はまるで忍者みたい、もともと喋らなイメージなのにさらに喋らなさそうに見えました。


蝦夷の地でついに再開した耀次郎と赫乃丈、再開の地はやはり戦場。
榎本に襲い掛かる耀次郎を赫乃丈が阻止。 

二本の月涙刀がぶつかりあった時に爆発がおきて周りの兵隊が吹っ飛びましたがアレは一体何?

ここに来て土方が榎本の正体に気づいたみたいです、予告では蒼鉄の前で覇者の首に敵対するようなことを言っていましたがどうなる?


完全に耀次郎と敵対した赫乃丈は蒼鉄に言われるがままに共和国の為に働くことに。
ここまで完全に蒼鉄の思惑通り、終盤に向けてのイレギュラーはいつおきるんだ?

公式の予告を読む限り次回は神無達がメインの話みたいです、でも予告を読むと死亡フラグがたったような気がするのですが・・・



にほんブログ村 アニメブログへ  人気blogランキングへ

↑アニメ感想のブログが集まってます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。