心が歪んでるオタクのアニメやゲームの感想がメインのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE オリジナル・サウンドトラック
B000G5S6M8サントラ ハイ島邦明

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-08-02
売り上げランキング : 15512

おすすめ平均star
starTV版にも使われるんだろうなあ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


平成ライダー映画の伝統ともいえるIF設定
隕石で海が干上がり人類がワームと死闘を繰り広げてる世界での話

最初のナレーションではサソードがいたはずなのに本編では登場せず、もちろん神代も出てこなかった
ザビーは影山ではなく初代のザビー「パーフェクトハーモニーの矢車」が変身する、そして影山はいなかった
矢車は劇場版だとハーモニー以外のパーフェクト××を言ってくれるから面白い

一部のキャラの関係もテレビ版とは異なった設定
天道とひよりが××だったり、加々美とひよりが××したりともうIFすぎるIF
ただ天道とひよりの関係は無茶が有るような気がしたかな

新ライダーはコーカサスがちょっと痛い 
天道たちとやっていることは同じなのだけれどちょっと痛かった、あとやられ方がしょぼい

他の新ライダーたちは意外と見せ場が多くて格好よかったです

最後はテレビ版のネタバレっぽくも感じる展開
もしテレビ版と劇場版が関係していたら7年前にベルトが存在した理由や天道にベルトを渡した人も明らかにされることになるのだけれど・・・

今後のテレビの展開に期待するしかありませんね、そうすれば劇場版と関係しているかどうかもわかることでしょうし

恐るべしハイパークロックアップってことでしょうかね・・・(何
スポンサーサイト
手嶌葵(新人)の(新人)は取ってやるべきだと思う。(挨拶)

色んな所で叩かれているゲド戦記を見てきました、やはりどんだけの物か気になりますよね。

見ている途中で何度か思ったのですがもう少し説明部分を増やしてほしいです。
アレンが父親を刺した理由とか、テルーの正体とか 全然説明されていません

説明だけなら映画見るよりここを見たほうがいってことですか?
正直映画をみてわからなかった部分がいくつか理解できますw

あとわからないのはテルーのことだけ

自分に解っているのはテルーがツンデレってことだけです
アレンに対する態度がツン→デレに変化していく過程があまり描かれなかったのが残念
テルーの歌が終わったら急に仲良くなってました。

テルー以外この作品を見てよかったと思う点が見当たらなかったです。

-関連商品-
テルーの唄 (ゲド戦記 劇中挿入歌)テルーの唄 (ゲド戦記 劇中挿入歌)
手嶌葵 宮崎吾朗 寺嶋民哉

ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2006-06-07
売り上げランキング : 19
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最初に言います、まともな感想は書きません







最終的にこの映画はパニック映画なのか草ないと柴崎の恋愛物なのかよくわからなかった。
恋愛物ならバットED パニック映画ならハッピーEDといった終わり方になっているのでどちらを重視しているのか教えてほしい。


ただ阿部玲子(柴崎コウ)のツンデレっぷりが見ていて萌えた
最初は強気なのですが終盤では弱気+弱音+泣き虫+告白+「抱いて」発言という脅威の5連撃を見せてもらいました

強気な娘が弱気になるのってギャップ萌えでいいよねハァハァ

結局抱いてはもらえませんでしたけど柴崎コウってツンデレっぽい顔してるね。


あとピエール瀧が自衛隊員役でゲスト出演していたのだけれどどこからみてもサイレン2の登場人物にしか見えなかった。


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中 クリックお願いします。
ネットなどの感想で高評判だったので上映してる映画館を探して見てきました。

時をかける少女 絵コンテ 細田守
時をかける少女 絵コンテ 細田守アニメスタイル編集部

おすすめ平均
stars次世代を担うアニメ監督・細田守、入魂の一作!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


途中まではギャグがあったけど最後は切なかった。
声に関しては下手ではないけどウマくもないという感じで、キャラに似合ってる感じがしました

終盤で流れる奥華子の曲を聴いてると涙が出そうになりました、かなり感動的

この映画はぜひ見ておくべき作品だと思います、純粋に面白いしなにより感動できる
他の、俳優を声優につかって話題性だけある映画なんかよりよっぽど楽しめる作品です


豪雨だったせいか劇場内には自分を含め3~5人しかいなかったです・・・
本編終わって電気がついたら自分しか残っていなかったのにはビビった。

これは選んだ映画館が悪かったのだろうか、それとも朝1だったからいけなかったのだろうか・・・
この作品はもっと評価されるべきだと思うよ。 

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中 クリックお願いします。
朝から豪雨でしたが今日を逃したら学生たちが休みに入って午前中に映画館に言っても落ち着いて映画鑑賞ができなさそうなので無理して映画を見に行ってきました。

見てきた映画はブレイブストーリー。






感想としては「原作を割愛しすぎ」「俳優を声優に使いすぎ」「ちょっと感動」

2時間弱という短い時間で書籍2冊分の物語を完結させるのだから無理があるのはわかる
でも原作を読んだ自分としては映像で表現してほしかった部分がいくつかありました・・・

映像で表現された中では終盤のミツルの最後に少しだけ感動して目が潤みました。


あとは公開前から思っていたが俳優が声をやるというのが違和感
映像を見ていても声を聞くだけでその俳優や芸人の顔が浮かんでしまうので少し萎えた

映像は綺麗でした、さすがGONZO。


原作の小説と劇場版アニメ どっちを取るかといわれれば自分は小説をを推します
小説ではアニメでは登場していないキャラが多数いますし、その人達が物語をさらに感動的なものにしてくれます。

特にアニメではワタルの祖母や叔父がでてこないので現実での出来事がほとんど割愛されている状態でした
そのためワタルの幻界へいく動機が弱いものに感じました。 

ページ数が多いので時間がかかりますが、ブレイブストーリーについて納得したければ小説版を読むことを個人的には推します。


最後に、オンバに関してまったく説明がされていないのはどうかと思う・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中 クリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。